不動産相続、狭小地の売却や活用なら

The Heritage 不動産コンサルティング

相続トラブルは金持ちだけのお話しではありません。

939 views
富晴 The Heritage
(不動産相続、狭小地・空き家の相談なら)

遺産相続トラブル回避が重要です

遺産相続トラブルの解決は遺産分割協議の早期解決が肝心

不動産資産を有するご両親の相続トラブル対策は、ご両親の介護が始まる前が最適です。
ご両親のご実家など不動産の相続、後継などの相続、ご両親の財産管理に発する相続、離婚又は再婚、お子様のいない夫婦間の相続、名義に事を発する相続、前記した内容から発した相続トラブルや悩みは老後・介護・相続を事前に考えておくことで回避することが可能だったものばかりです。その中でも相続財産のなかで存在が大きいご両親が所有している建物や土地、マンションなどの不動産は遺産分割の大きなウエイトを占め家族や兄弟関係悪化の要因となるケースが多々見受けられます。

 

知識と経験でお役にたちます。お客様を相続問題、悩みや不安から解消・解放いたします。

相続人へ直接交渉、報酬を得ることは弁護士法に抵触しまうためと富晴は弁護士、税理士等、富晴は顧問契約し、範囲を超えてしまうご相談は専門家をご紹介さていただいております。

こどもであれば平等な相続割合な方転移相続割合があります。それ以外に相続人全員で話し合うことも可能ですが親の遺書が必要となり認知証などがある場合は遺書は難しくなることもあります。また他のご兄弟がとの相続の意見の違いもありますのでその調整も必要となります。ご家族も色々な方がいらっしゃいます、遺産相続の話をまったくしようとしない方、とにかくお金がほしいと言う方、現金よりも不動産等の資産を望まれる方など遺産相続は話し合い調整だけでも非常に難しい問題なのです。

例えば嫁いだ娘さんの立場として親と同居していた兄弟には感謝しているが法廷相続分までとは言わずとも多少の遺産がもらえないか又、相続の権利があるのではないかと期待されている方もいます。でもなかなか言い出しづらいのも事実です。話がまとまらず関係が悪化してしまっている他の相続人たちとの関係を修復したいまたは極論なはなし縁を切りたいと思うほどになってしまうのが遺産相続ですたとえ血縁者と家でも遺産が絡む相続は関係修復は難しいものなのです。他の相続人の自分勝手な思い、真剣に話をしたがらないなどでお困りではないですか?ですが遺産相続が解決しない限りはただの問題先送りになるだけで家族の縁は簡単には切ることはできません。

ご両親と同居されている実家などは注意が必要です。
不動産を売却して現金を増やしておくことは大切ですが、遺産トラブルの原因で一番多いのが不動産を起因としたものです。資産家であれば相続対策として不動産を活用することも可能ですが、相続税がかからない相続の方が大半です。その場合、相続のお荷物的な存在に不動産はなってしまう事もあります。不動産が財産のほとんどをしめている場合は介護費用の捻出や遺産トラブルの回避のため、ご両親がもし痴呆症になってしまった場合、売却もできなくなってしまいます。さらに空き家になった場合も問題は発生しますから実家を含めて売却しておくことを富晴はおすすめしています。

最低限の法律を理解することは大切ですが、自己解釈は危険なことです。
親の残した資産がはっきりわからない事も多く、残された遺産にどれほどの価値があるのがわからないというご相談も多くあります。財産管理を一人の家族やお子様に任せていらっしゃる方が大半ですが、いざ相続となると他の家族やお子様または兄弟からの疑心や妬みを一挙に受ける事になりかねません。これでは要らぬ家族間、兄弟間のいざこざを招くだけではなく、任された本人にとっても身内から財産隠しなど疑われようものなら大変不名誉ではないでしょうか。

親も面倒を見てくれる方に財産を管理させている場合が多く、どこからどこまでが面倒を見ている費用かの線引きが難しく、こちらも他の方からの疑いの的になってしまう事もあります。

遺産分割協議書の作成や名義人変更等の相続手続きは放置していませんか?
相続税の申告以外はいつまでと言うものでもないのでそれ以外放置している方がいらっしゃいます。これは当然といえば当然で、相続税基礎控除額の範囲内の方が大半なので税を払わなくては行けない方はごく少数の方達、控除額範囲内であれば相続税申告は不要なのです。相続税申告は申告期限がありますが、実家の名義変更などはそのままにしても期限がないのです。

ですが不動産を遺産として捉えれば、遺産隠しとまでは言いませんが不明瞭な不動産財産管理はトラブルの原因になることが多いのです。そして相続の場合、不動産は大きなウエイトを占めます。相場価値が分かりにくいうえに相場の変動もありますから、親の実家を相続する方は知らずに財産の大半を有してしまう可能性があります。また土地や建物の名義を変更する場合は当然、司法書士の報酬も必要ですし、権利を明瞭化するために遺言を親に用意してもらうには弁護士、司法書士、行政書士などの専門家に依頼することが最善で費用が発生する事も考える中に入れておく必要があります。

家族間で遠慮して相続の手続きが遅れる気持ちはわかりますが、いざ相続手続きの開始は原則として相続人全員の合意、実印、印鑑証明が必要になりますので、誰か一人が自由に相続手続きを開始できるわけではありません。相続権利者全員の意思の確認が必要になりますので難しい意見調整になります、富晴は様々な不動産を有する相続をサポートしており、提携弁護士、提携会計士とも連携を取っておりますので安心して相続をスタートしていただます。

あなたの親の介護、遺産相続の最良のイメージを富晴にお聞かせください。
意見の調整は大変かもしれませんがやはり家族で親の介護、相続のことは話し合っておかなければいけません。それをいざという時に準備なしに行うと家族間、兄弟間のトラブルは必ずと言って良いほど起こるものです。では介護や遺産相続はどのように行うのが理想でしょうか?

日本人の平均寿命が伸び介護はますます長期化していきます、本音としては介護は楽にしたいのが皆さんの思うところです。できるだけ負担の少ない介護が理想なのですが、誰かがしなければいけない介護は自身の感じる貢献度としか表し用がなく、だれかに介護の負担が集中してしまうことが実はその後の相続のトラブルの種になるのです。仕方の無いこととはいえ各々の事情もありますが介護から始まった不公平感は積もりに積もり遺産相続時に家族間、または兄弟間のトラブルとして頭を擡げてきます。

自宅で介護よりであれば相続権利をはっきりとさせた上での役割分担し身近での介護、老人ホームを利用するのであれば不動産などを処分現金化し充実した施設への入居。どちらにしても権利や資産より現金が必要になるのは明白です。

その時が来る前に様々な方にマッチした相続準備のご提案を富晴はご用意しています。特に不動産の現金化を中心に相続前であっても不動産処分による介護費用の捻出や引っ越しのサポートもご提案させていいだきます。

遺産相続問題解決、介護や家族同士のトラブルが心配な方も富晴にご相談ください。
一般の不動産業者との差は、人生相談豊かなスタッフによる商売とは違う親身な対応です。
他の不動産業者は相続の経験も少なく敬遠がちですし、方針がはっきりしないため行動の一貫性がなく時間がかかります。親の介護負担の軽減、介護費用の捻出、などの相続前準備の不動産売却相談、相続が始まってからのトラブル相談、トラブルにならない不動産相続などは経験を積んだ不動産業者でなくては出来ない提案解決を富晴は実行しております。さらに不動産業者に関係なく相続と言うもの自体もなかなか結論がでず、さらに時間がかかるものです。富晴は焦らずご相談者様の立場に立って最善かつスムーズなご提案させていただます。

ご家族のご両親への思いも大切にしています。
最後は病院や老人ホームでなく、自宅で迎えさせてあげたい。できる限り介護は家族でおこなたいなどみなさん優しい気持ちは必ずお持ちになっています。大切なのは介護相続の兄弟間家族間の意思の共通化、みなさんの気持ちを正直に伝え合える関係の構築が大切です。現代ではなかなか家族または兄弟でゆっくりお話する機会を作ることはなかなか難しいと思います、まだ始まっていない介護や相続の話をすることは不道徳な様にも感じられてしまうかと思いますがトラブルにならない相続のためには、ご両親にどんな財産や不動産があってどの様な問題があるのかを冷静に話し合っておくことが大切なのです。

遺産相続問題解決、介護や家族同士のトラブルが心配な方も富晴にご相談ください。
各種相続不動産のご相談ならお任せください。
経験値の高さと相談解決数の多さなら自信があります。相続問題の相談、解決なら弁護士さん、税理士さん、正解ですが、相続不動産なら専門知識と経験で株式会社富晴もお手伝いできます。プライベートでも業務でも人生経験豊富なスタッフが提携弁護士、提携税理士とチームワークで相続不動産売却を行なっております。

まずはお気軽にメールまたはお電話ください。
トラブル、お悩みの内容がわかる様に現況の実家不動産の場所や面積、ご家族の相関がわかる資料をご用意いただけるとスムーズです。もちろん徹底的な秘密厳守を行なっております。

ぜひお会いさせてください。
当社オフィスにお越しいただいても結構ですし、ご実家やご指定の場所へ伺わせていただくことも可能です、できれば現地確認が出来るご実家などの不動産を確認させていただくことで、様々なアドバイスをさせていただけます。

私たち富晴とみなさんで話し合いましょう。
弁護士、会計士とも顧問契約しております、法律や不動産の相談もしっかりとした調査が可能です。相続問題解決のため、主張と妥協をうまく富晴がまとめます。秘密厳守を徹底しております、ご安心してご相談ください。

とにかく富晴がお勧めする不動産売却を中心資金とした介護・相続のお話をその時が来る前に一度してみませんか?だれもが不安を感じる介護、相続だからこそ身内からの話のスタートは待っていても誰からも始まりませんよ!

ご質問、ご依頼は 担当 佐藤又は富田まで。
ご連絡は下記までお気軽にお問合わせください。
・TEL:042-304-0088・FAX:042-304-0087


※現在、訪問査定ご好評につき、せっかくのお電話いただきましても不在の場合がございます。不在の場合は下記フォームをご利用ください、当社担当携帯に直接フォーム送信されます。確認出来次第、ご連絡差し上げます。
・問い合わせフォーム


※相続人へ直接交渉、報酬を得ることは弁護士法に抵触しまうため富晴は弁護士、税理士等、と顧問契約して範囲を超えてしまうご相談は専門家をご紹介さていただいております。相続慣れした方かはいらっしゃいません、何をどうしたら良いのかわからない方が殆どです、焦らず慌てず富晴のトータルサポートにご相談ください。弁護士、税理士は費用や敷居が高いイメージがありますが、富晴は必要書類や問題の概略のまとめ、ご不安であれば相談同席などいたしておりますのでご安心ください。

当社地図

お問い合わせメールフォーム

お問い合わせフォーム
(内容を入力して送信を押してください。※ 富晴.tokyo ならびに tomusei.tokyo は常時SSL化いたしております)




お名前 (必須)

ご連絡お電話番号 ※確認のため担当者よりご連絡差し上げます (必須)

メールアドレス (必須)

題名

物件内容・お問い合わせ内容

入力内容確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。

こちらの記事もよく読まれています。