不動産相続、狭小地の売却や活用なら

The Heritage 不動産コンサルティング

親の家(実家)の相続 は売却で現金化!

2039 views
富晴 The Heritage
(不動産相続、狭小地・空き家の相談なら)

富晴の不動産相続

粘り強く、根気よくがポシリーです。

実家などの不動産を現金化するメリット
介護の苦労、相続トラブル解決のために早めの実家不動産売却を!

遺産分割協議書へのスムーズな押印のために不動産が遺産の大きなウエイトを占める相続であれば各々への遺産確保のために、皆がある程度の納得が出来る解決策を見出し、落とし所を決めて問題の複雑化を防ぎ、現金化した不動産で貢献度や各種事情を鑑みそれに相応した遺産分割をする。それが家族や兄弟関係を友好に保つために必要なこととこれまでの多くの相続相談解決事例から判断して富晴は考えます。

ご両親がお亡くなりになられた日にちか近い場合も実家などの不動産を売却現金化して相続人との調整を行なった方がトラブルになりにくいと考えます。

不動産資産を持つよりも売却して現金化することが相続では有利になることもあります。
やはり不動産業者、できれば私たち富晴の様な弁護士さん、税理士さんと良好な関係を持っている不動産業者がに相談することをお勧めします。建物、マンション、土地など不動産といっても多様な面をもっています。所有する・賃貸に出す、それには知識やネットワークも必要ですし不動産の法律も多岐にわたり相続税の財産の評価に影響を与える都市計画法、建築基準法、道路法など、税理士さんが得意としている税方以外の分野の知識も必要となってきます。相場など市場価格や路線価などの一般的な相続財産評価方法なども不動産業者の知識と情報が役に立つことが多いのです。

富晴のご提案する相続は一つの視点では解決できず困っている相続、トラブルが複雑化してしまった相続や、相続が始まる前から見据えたトータルサービスです。老後・介護・相続、問題になる前にどこが問題になるのか見据える、まず富晴と一緒に親の老後・介護・相続について問題点を探すことから始めてみましょう。

遺産分割のために調べよう市場価格
では実家はいくらで売却できるのか?それには調べて知るべきことが多くあります。登記名義人はだれなのか、借金などの抵当権は付いているのか、親の親からの相続登記は行われているかなどを調べなければなりません。いざ調査をすると銀行の抵当権が付いてる、相続登記がおこなわれず祖父名義のままで知らずに何十年も経過していたなど権利証ではわからないことも多くあります。

そしてその不動産をどうするか、富晴では実家である不動産の査定サービスをいたしております。
売却処分するのか、住むのか、賃貸で出すのか多くの方がこのうちのどれかを選択することとなります。介護費用の捻出、スムーズな遺産相続、相続トラブル解決はもちろん、トラブルを未然に避けるためにも富晴はスムーズな売却をご提案しています。もし実家に帰る計画が無い方、ご実家が距離のあるところにあるのであれば実家は売却し同居ではなく今お住いの近くにご両親を呼び寄せる 近居 と言う方法もございますのでご相談ください。

近居という考え方
ご両親の最後の時は自宅で族と過ごさせてあげたいと思われている方が大半です、ですがそれにはご家族の理解とサポートが必要です、ですが遠距離介護または自宅介護の負担などを考えるとなかなか難しいと思います。そうなりますとご両親のお近くに家族で引っ越すか、ご両親にお近くにお引越しいただくしか方法がありません。ですがなかなかご両親にご理解をいただけるものではなく、説得するタイミングを間違える又は間違った解釈をされてしまう説明をしてしまうとご両親との関係を損ねる可能性があります。ですが同居の安心と気苦労しない距離感。そしてご両親の実家などの不動産処分で現金を確保する経済的な安心感があります。ぜひ富晴にご両親の説得もご依頼ください。

不動産を売却して現金を増やしておくことは大切ですが、遺産トラブルの原因で一番多いのが不動産を起因としたものです、ご両親と同居されている実家などは注意が必要です。資産家であれば相続対策として不動産を活用することも可能ですが、相続税がかからない相続の方が大半です。その場合、相続のお荷物的な存在に不動産はなってしまう事もあります。不動産が財産のほとんどをしめている場合は介護費用の捻出や遺産トラブルの回避のため、ご両親がもし痴呆症になってしまった場合、売却もできなくなってしまいます。さらに空き家になった場合も問題は発生しますから実家を含めて売却しておくことを富晴はおすすめしています。

登録名義人はだれか、登記簿謄本をあらかじめ確認しておきましょう。
その不動産の名義は誰のものでどの様な抵当権が設定されているのかが登記簿です。境界の確認、面積、構造、築年など確認でき様々な情報が記載されていて確認ができます。ですが確認には慣れが必要で登記簿の内容を完全に読解するのは一般の方ではなかなか難しいものです。いざ登記簿を調べてみるとご両親が相続登記を放置していてご両親のまた両親の名義のままの放置されたケースもあります、そうしますと叔母さんや叔父さんの実印署名をした遺産分割協議書が必要となりそれを用いて相続登記をすませてからその次の相続登記をすることとなります。とてもではないですが一般の方には難しい解決方法です。ご両親がご健在のうちらな、簡単なご両親への依頼で済みますが、ぞれが不可能な場合は大変な時間と労力が必要になります。富晴では登記簿謄本の確認作業を実費で行なっております。調査代行手数料は不要です、ぜひご利用ください。

実家はいくらで売れるのか
楽観的な価格での相場観から実家の売却を行う方がいらっしゃいますが、なかなか市場の価格とかけ離れた理想価格をお持ちの方がほとんどです。査定価格はシビアで、さらに隠れた瑕疵や再建築不可、住宅ローン不可などで買い手がつかないことも多くありません。現実的な価格で実家はいくらで売れるのか、それをある程度、把握しておかないと不動産という言葉の魅力から相続の重要部とご家族で位置付け獲得競争をした末に想定価格の半分にも満たない価値しかなかった・・・という事にもなりかねません。そうなると遺産分割協議もスムーズにまとまらず、そのあとの手続きにも影響がでてしまいます。富晴では不動産査定サービスを行なっております、お気軽にご依頼ください。

代表的なトラブルが多い相続相談の内容
ご両親のご実家など不動産の相続、後継などの相続、ご両親の財産管理に発する相続、離婚又は再婚、お子様のいない夫婦間の相続、名義に事を発する相続、前記した内容から発した相続トラブルや悩みは老後・介護・相続を事前に考えておくことで回避することが可能だったものばかりです。その中でも相続財産のなかで存在が大きいご両親が所有している建物や土地、マンションなどの不動産は遺産分割の大きなウエイトを占め家族や兄弟関係悪化の要因となるケースが多々見受けられます。

遺書の作成をおすすめしています。
遺産相続を法廷相続割合以外の割合で行う場合は合意了承など反対者が一人でもいる場合は不可能になってしまいます、そうした場合は遺言書が必要になりご両親の介護で尽力されたご家族の方は報われない結果になる、もしくは意欲を失われてしまいます。また想定外の相続者も現れることもしばしばあり遺言書をご両親にお書きいただくことを富晴はおすすめしています。ご両親への上記事由を丁寧にご両親様に説明し遺言書を作成いただくには家族以外へのご依頼がスムーズです。可能であれば生前からご両親を含めて家族全員で介護、相続をお話になっておくことも重要です。皆さんにとって中立的な場所、例えば私たち富晴のオフィスをご利用いただき、介護、不動産売却を含んだ相続のお話をされてはいかがですか?決して最終的な結論を出すためのお話し合いではなく、あくまで遺産分割のシュミレーションをする目的でお集まりいただくのはいかがでしょうか?

ご両親にどのような価値の遺産がどのくらいあるのか、これからの介護などが始まった場合どうするのか、法律的にも家族的にも相続手続にどのような問題があるのか、可能な限り情報を提供しあって少しずつ解決し同じ方向に向かうことが兄弟や家族の良好な関係の維持、遺産相続を円滑に進めるには大切なことなのです。

事前にお話し合いが持てず、すでにご両親がお亡くなりになった場合、法要が過ぎてから遺産分割のお話し合いをすることをおすすめします。そうした場合にはあらかじめご両親が所有していた富晴のお手伝いのもと、実家など不動産などの名義を明確にするために不動産の登記簿の調査や売却目安となる物件の価格調査なども行っておくことをおススメします。

遺産相続問題解決、介護や家族同士のトラブルが心配な方も富晴にご相談ください。
一般の不動産業者との差は、人生相談豊かなスタッフによる商売とは違う親身な対応です。
他の不動産業者は相続の経験も少なく敬遠がちですし、方針がはっきりしないため行動の一貫性がなく時間がかかります。親の介護負担の軽減、介護費用の捻出、などの相続前準備の不動産売却相談、相続が始まってからのトラブル相談、トラブルにならない不動産相続などは経験を積んだ不動産業者でなくては出来ない提案解決を富晴は実行しております。さらに不動産業者に関係なく相続と言うもの自体もなかなか結論がでず、さらに時間がかかるものです。富晴は焦らずご相談者様の立場に立って最善かつスムーズなご提案させていただます。

ご家族のご両親への思いも大切にしています。
最後は病院や老人ホームでなく、自宅で迎えさせてあげたい。できる限り介護は家族でおこなたいなどみなさん優しい気持ちは必ずお持ちになっています。大切なのは介護相続の兄弟間家族間の意思の共通化、みなさんの気持ちを正直に伝え合える関係の構築が大切です。現代ではなかなか家族または兄弟でゆっくりお話する機会を作ることはなかなか難しいと思います、まだ始まっていない介護や相続の話をすることは不道徳な様にも感じられてしまうかと思いますがトラブルにならない相続のためには、ご両親にどんな財産や不動産があってどの様な問題があるのかを冷静に話し合っておくことが大切なのです。

遺産相続問題解決、介護や家族同士のトラブルが心配な方も富晴にご相談ください。
各種相続不動産のご相談ならお任せください。

相続のトラブル回避・解決に最適、当社オフィスは様々やお話し合いの場としてご利用いただけます。

相続のトラブル回避・解決に最適、当社オフィスは様々やお話し合いの場としてご利用いただけます。

経験値の高さと相談解決数の多さなら自信があります。相続問題の相談、解決なら弁護士さん、税理士さん、正解ですが、相続不動産なら専門知識と経験で株式会社富晴もお手伝いできます。プライベートでも業務でも人生経験豊富なスタッフが提携弁護士、提携税理士とチームワークで相続不動産売却を行なっております。

まずはお気軽にメールまたはお電話ください。
トラブル、お悩みの内容がわかる様に現況の実家不動産の場所や面積、ご家族の相関がわかる資料をご用意いただけるとスムーズです。もちろん徹底的な秘密厳守を行なっております。

ぜひお会いさせてください。
当社オフィスにお越しいただいても結構ですし、ご実家やご指定の場所へ伺わせていただくことも可能です、できれば現地確認が出来るご実家などの不動産を確認させていただくことで、様々なアドバイスをさせていただけます。

私たち富晴とみなさんで話し合いましょう。
弁護士、会計士とも顧問契約しております、法律や不動産の相談もしっかりとした調査が可能です。相続問題解決のため、主張と妥協をうまく富晴がまとめます。秘密厳守を徹底しております、ご安心してご相談ください。

とにかく富晴がお勧めする不動産売却を中心資金とした介護・相続のお話をその時が来る前に一度してみませんか?だれもが不安を感じる介護、相続だからこそ身内からの話のスタートは待っていても誰からも始まりませんよ!


ご質問、ご依頼は 担当 佐藤又は富田まで。
ご連絡は下記までお気軽にお問合わせください。
・TEL:042-304-0088・FAX:042-304-0087

当社地図

お問い合わせメールフォーム

お問い合わせフォーム
(内容を入力して送信を押してください。※ 富晴.tokyo ならびに tomusei.tokyo は常時SSL化いたしております)




お名前 (必須)

ご連絡お電話番号 ※確認のため担当者よりご連絡差し上げます (必須)

メールアドレス (必須)

題名

物件内容・お問い合わせ内容

入力内容確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。

こちらの記事もよく読まれています。